FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --------
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    すぐそばにあるしあわせ

  • 2016-02-02
  • 今朝は、寒さが少しおさまってお日様が気持ちよいですね。
    朝の光がとてもきれいでした。

    yukidaruma2

    さて、

    調子が悪くて大好きなコーヒーも全然飲みたくな〜い、

    と、このブログに書いたら、
    長年のお友だちから思いがけないタイミングで、
    優しいプレゼントが送られてきました。
    感激。

    からだにやさしい葛湯と、
    もうすぐ豆まきの豆と鬼のお面セット(笑)。
    こういう細やかな心遣いは見習わなくちゃなぁ!
    それにしても感謝しかありません。
    ブログを読んでくれたこと、
    そして、
    そうだ、よーこにこれを送ってあげよ〜
    とあるお店に立ち寄り、品物を選んで、
    店員さんに「これください」と声をかけ、
    宅配便の伝票に住所を書いてお金を払って、
    はい出来上がりの瞬間まで、
    よーこ に時間を使ってくれたこと。

    なんて幸せなんだろう。
    私もそんな風にありたい。

    yukidaruma1
    雪だるまの葛湯、ラブリー♡



    福本倫さん個展、百瀬さん個展

  • 2016-01-29
  • 201601291

    今日は朝から雪が降りそうな空でした。
    とはいうものの、雨がショボショボ降っていてまだだいじょうぶ。
    こんな空の日は皆さんお家の中やオフィスから出たくなくなりますよね。

    201601292

    前のブログを書いてからもうすぐ一ヶ月。
    早くも1月はおしまいです。
    私は調子良く新年をスタートしたと思ったら、
    家族が肺炎になったり、自分も久しぶりの胃痛。
    コーヒーが飲みたいか飲みたくないか、がバロメーターですが、

    全然飲みたくありません。

    1年に一回はそういう体調になるので、もう慣れています。
    からだは、自ずとバランスを取ろうとして現象を作ってくれているのですね。
    だから心配しないでゆっくり動物みたいに休みます。
    動物はじっとしているけど、人間はそうはいかないところが悲しいけど。



    ずっと一緒にしごとをしている福本倫さんが2月に広島で個展です。

    201601293

    福本倫 展
    2016年2月20日(土)〜28日(日)
    ギャラリーたむら
    広島市中区三川町10-17 2F



    広島の倫さんの個展は、まだ一度も伺ったことがなく、
    今度こそ!と思っていたけれどおそらく今回も行けないなぁ。

    何かとご縁がある広島。

    … 牡蠣もおいしいだろうなぁ… 

    あ、そっちじゃないか。


    それから3月3日(木)から百瀬恒彦さんが
    いつもの表参道、プロモアルテギャラリーで個展です。
    今回は去年百瀬さんがキューバに行って撮ってきた作品の発表です。
    キューバはアメリカとの外交が始まってどんな風に変わるのでしょうね。
    百瀬さんが撮った今のキューバをご覧いただきます。



    このことはまたお伝えしたいと思っています。

    寒い週末になりそうですが、皆さま暖かくしてお過ごしくださいね。




    2016年はこんな感じ

  • 2016-01-01
  • 元旦の朝、我が家の食卓はおせち料理と、伝統のたまごちゃんで始まります。
    おばあさんからのレシピ。…ってほどのものではありませんが、
    毎年欠かさずこの卵料理は登場します。

    tamago2016


    そして、朝の支度をしながらふと思いついて、
    1962年ものの赤ワインをあけることにしました。

    201612

    1962年というと54年前。
    保管状態はある方にお任せしたこともあってまずまずのはずですが、
    コルクがどうなっているかなぁとちょと心配でした。
    でも、ゆっくり丁寧に栓を開けたらコルクもまずまずの状態で無事に開栓。

    201611

    飲んでみると、拍子抜けするような素直な味。
    ワインらしい渋みや重さはなく、とてもピュアでまっすぐな感じです。


    このワインは若い頃、高校時代の仲良しと一緒に買ったもの。
    お嫁に行く時、記念に飲もう!とか、40歳になったら飲もう!とか言いながら、
    二人とも独身のまま天命を知る年齢になりました。

    このワインをめぐって、朝からちょっとした考察。
    この年にならないとわからないことがある、とか、
    この年齢になったから実感すること、って確かにあるのですが、
    それって本当だろうか???

    たしかに経験から若い友だちにアドバイスすることもありますが、
    それを言ったところで彼らには実感がわかないでしょう。
    私もそうだったと思います。
    そしてどれもこれも誰も彼も実は実感しないことは腑に落ちない。
    だから情報でしかない。
    なんとなく共通する理解や感覚や思いっていうのはありますが、
    腑に落ちる、という全きの理解感覚以外は、
    ただの情報に止まるだろうと思います。
    その年齢になったからわかるのではなくて、
    その年齢でも分からない人にはわからないもの。
    だから考え方を水平に持つのではなく、
    いつも垂直でいようと思うのです。

    ってお正月からわけのわからないことを書きましたが、
    今年はアラカワアートオフィスをプロトマニアと一緒にして、
    より一体感のある正直なところから始めていこうと思います。

    ところどころに書いているのですが、
    実はアートにちょっとばかり興味を失っていたのです、この数年。
    でもプロトマニアでレクチャーをして下さる、中尾陽一さんのお話を聴いたり、
    みなさんと寺子屋授業を受けるうち、素直に正直に、

    美術が大好き!

    に戻りました。
    仕事としても愛好家としても、どちらでもよくて、
    いろいろ枠をを作らずに、美術と一緒に生きてみようと思います。

    勝手なつぶやきのジャーナルになっていますが、
    これからも末永く、おつきあいいただけましたらシアワセです。

    皆さんの毎日が生き生きとしたハーモニーの中にありますように!
    いつもありがとうございます。


    あけましておめでとうございます

  • 2016-01-01

  • あけましておめでとうございます。
    2016年が皆さまにとって歓び溢れる日々となりましすように!

    今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    AAO 荒川陽子

    osaru2016

    クリスマスシーズン

  • 2015-12-04
  • 12月。
    あっという間に時間は過ぎるようだけど、
    たくさんのことを実はやっているのだ、私たちは。

    最近の AAO ジャーナルは、もう一つの私のライフワークPROTOMANIA
    のブログやたち花の仕事に押されて更新が進みませぬ。

    プロトマニアではアートの面白い講座をやっています。
    中尾陽一さんを講師にお迎えして、美術の楽しさをワイワイガヤガヤと。
    アートはやっぱり楽しいですね〜


    またまた記憶の壷から取り出したお話だけど、
    この季節はちょっと特別な思いがあります。
    ラブアート!展の最後がこんな季節でした。
    その寸前、私の父は癌になって入院しました。
    クリスマスソングや街のライトを見ると
    その時の仕事、父のことを思い出します。
    毎日、虎ノ門と参宮橋を行ったり来たりしていたことを、
    夕暮れ時にふと思い出すのです。

    父があっという間の元旦に亡くなり、
    私は、

    大切な人よりも大切な仕事なんてあるんだろうか?

    という疑問を抱きました。
    父の側にもっといればよかったという後悔があったからです。

    今は、ちょっと視点というか立ち位置が変わっているので、
    こんな疑問質問にはあまり関心がなくなりました。

    人生は、その時がベストなんだなって、思います。


    ひとはみんな、瞬間、ベストを尽くしているのだって。



    素敵な季節(私はたち花のお歳暮出荷で毎日埃まみれだけど)、
    師も走る、師走とはいえ、
    バタバタした周囲の空気に飲み込まれず、

    暖かくして、楽しくして、優しい気分で過ごしましょ〜


    201512042

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。