FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --------
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    中秋の名月も終わり…

  • 2013-09-23
  • すっかり涼しくなりましたね。
    中秋の名月も終わってしまって、あっという間に秋分の日だ。
    今年も残すところあと3ヶ月。

    秋は展覧会のシーズンですね。
    あちこちで面白そうな展覧会が始まっています。
    私の第一弾は、
    10月4日(金)から10日(木)まで、
    器・ギャラリーたち花で、下 和弘 展

    下さんの器は、むちゃくちゃ素敵です。
    敢えて書きますが、ぜったい絶対見ないと損!

    donguri
    公園のどんぐり。

    そうそう、ときの忘れもののブログ、
    百瀬恒彦の百夜一夜も更新されていますので、
    こちからかぜひお読みくださいね。

    それから鳥取絹子さんが翻訳された、
    「見知らぬ心臓」という本、とても面白くて一気に読めるのでおすすめです。
    私があれこれ書くよりも、きっと読んでいただくのが一番良いと思います。

    kinu
    「見知らぬ心臓」シャルロット・ヴァランドレイ著
     鳥取絹子訳 マガジンバウス刊 1600円

    人間が知っていることって本当に少しなのですよね。
    昨日のNHKスペシャル「神の数式」を見ながらまた思ったけど。
    そして驚きに充ちているから、生きているってことはこの上なく良いのだろうな。
    「超弦理論」の物理学者が、生きている間に探究結果が分からないのは寂しいが、
    わかってしまっても寂しいでしょ、と言っていました。

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。