FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --------
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    お天気になってよかった

  • 2013-09-05
  • このところ青空と白い雲が本当にきれいだったのに、
    今朝の雨や雷はすごかったですね。
    私は明け方からの雷で目が覚めてしまって、眠れませんでした。
    雷が怖いわけではありませんが、動物たちと同じくざわざわして落ち着かなかった。
    あぁ、寝不足。
    こんな天候や地震があると、地球が怒っているような空想をしてしまいますね。

    いくら何度同じ過ちを繰り返してもわからない人間さんたち、
    リセットするから、はい、やり直しておいで。

    とかね(苦笑)


    さて、展覧会のご紹介です。

    ラブアート!展にも参加して下さった、鈴木敦子さん。
    グループ展があります。

    絵画を考える -その4- 
    色彩 colors

    9月20日(金)― 10月5日(土) 
    12:00~19:00(日曜・最終日は18時まで) 月・火定休

    工房 親
    広尾駅から徒歩6分


    鈴木さんの大きめの作品を藍画廊で買って、自分の部屋にかけていましたが、
    今は九段のプロトマニアに置いています。
    あれは真っ赤な牡丹なのですが、バラにも見える。
    あの絵に出会った時、とても心惹かれました。
    それは、おおらかで強い女性性を感じたからでした。
    母性ともちょっと違う、女性性。

    アート作品は何事かを喚起してくれますね。
    芸術家は、人間の手が届かなくて、コントロールもできないとわかっていても、
    どうしようもなく魅かれ追及するテーマに向き合って格闘している。
    それは死ぬまでに完成するかもしれないし、しないかもしれない。
    無名に終わることの方が圧倒的に多い。人から見たらみじめな生活かもしれない。
    ゴッホみたいに。
    それでも人生を賭けていく芸術家の生き方は、
    自分にはとうていできないから余計に魅かれるのですね。


    別な次元では私も、イチカバチカ、だけどね。

    apple

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。