FC2ブログ

秋の日々

  • 2015-11-18
  • 1511189

    秋ですね〜

    秋になるといろいろ昔の思い出を取り出しては、いじくりいまわします(笑)
    ドキドキしたりしんみりしたりしてね。
    それほど秋にはドラマがあったんですね〜


    秋の空を見ると、参宮橋で一人暮らしをしている頃を思い出します。
    ぼろっちい小さな部屋が仕事の拠点で、
    「LOVE ART ! 」展を、コツコツやっていました。
    何から何まで自分でやっていたし、楽しかった。
    体力気力、ですね。
    そして、下積み時代があったからできたこともたくさん。
    人との出会いや関係を一番大切にしていたのも、現在の基盤です。



    1511187

    この企画は10回続けたから、よしとしよう。



    1511183

    食いしん坊だから、
    仕事をしながらできる具沢山のスープをよく作りました。
    今は、老母と暮らしているので彼女のお弁当をよく作ります。



    1511184

    相棒犬ハリーが生きていた頃は、雨でも雪でも嵐でも、
    毎朝毎晩の散歩はサボらず、欠かしませんでした。
    ハリーのおかげで、公園でお友だちが沢山できました。
    早朝の気持ちよさ、美しさ、空気を味わい、
    夜空の美しさ、冷たさ、静けさを楽しむことができました。

    今も朝のウオーキングをします。
    公園には秋に咲く桜があります。
    上の写真は、その桜。
    そして、その向こうには秋桜と書いて秋の花、コスモスの図。


    1511186


    アラカワアートオフィスの仕事は、あの頃のようではありませんが、
    今も美術の世界の片隅で、つくる人と買う人の仲立ちをしています。

    今は、現代陶芸のギャラリーショプ、器・ギャラリーたち花で、
    小池頌子展

    小池さんは白いお花のような女性です。
    女性の中にも女性性と男性性があり、男性の中にも男性性と女性性がありますよね。
    小池さんの作品には、その両極の質がバランスよく出ている気がします。
    女性性、ということばにはいろいろなイメージがくっついていますが、
    私は、女性性というと自然を思います。
    包む、育む、愛でる、堪える、荒ぶる、いなす…
    ゆったりと無理がなくてあるがまま。

    小池さんの作品は、いきものみたいです。



    スポンサーサイト