FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --------
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2014-10-30
  • 10月も明日でおしまいですね。
    あっという間の秋!!
    11月14日(金)から22日(土)まで、
    器・ギャラリーたち花では、武田武人さんの個展をいたします。

    武田さんは、大ベテランの陶芸家で南伊豆でずっと制作をしてる方です。
    作風は、幾何学模様やカタチの組み合わせが印象に残る現代的な作品。

    takedasan1

    私が初めて武田さんの個展に携わった時は、
    大ベテランだけに、きっと気難しいだろうな、怖そうだな
    イコール、腰引け気味。

    武田さんは、1970年に芸大大学院を修了していらっしゃいますから、
    人生の大先輩でありまして、
    それなりに大先輩へ接する「構え」で臨んだわけですが、
    拍子抜けするくらい、武田さんは、フランクで、フラットで、フツウ。
    自分を大きくも小さくも見せない、そのまんまの方でした。
    若い陶芸家とお話するのを聞いていても、
    美術部の先輩、みたいな感じです。
    私はいっぺんで武田さんのファンになってしまいました。

    もちろん作品も大好き。
    takedasan3
    これはけっこう前の作品です。
    月の満ち欠けみたいな模様が素敵でしょ。

    takedasan2
    横から見たところ。

    これには、カボチャの黄色が映えそうだなぁと食いしん坊の妄想。
    どんなものを入れても、ごちそう。
    陶芸の楽しさは、使えること、日常生活で身近に味わえること、ですね。

    陶芸家の方達は、現代美術の作家たちとはちょとタイプが違うんですね。
    何にしても一つのことを探究して、それを通して世界を見ている人たちは、
    オモシロいです。

    昨夜は、お仕事で某社長さんとお食事をしましたが、


    人生はオモシロいことがいっぱいあるんだよ〜


    と何度も何度もおっしゃっていました。

    10302

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。