スポンサーサイト

  • --------
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    向こうからやってくるもの

  • 2011-12-26
  • 森のリースを作りました。
    forest
    いろいろな種類の木を使って。
    頭を空っぽにして。
    モミの木やひのきやいろいろな香りが部屋中に満ちて森の中にいるようでした。
    そんなワークショップに行ってきたというわけ。
    チクチクする、もわもわする樹に触わりながら、
    感覚だけを頼りにする時間。思いのほか無心。

    12262
    こんなおいしいおやつ付き。piroさん手作りのりんごのパウンド、また食べたい!



    土曜日に寄った本屋さんBOOK246で手にした本。「雪は天からの手紙」
    実は最初私は読み違えたのでした「雲は天からの手紙」って(苦笑)

    レジでこの本を買うときにお店の男の人に

    「中谷宇吉郎はいいですよ。氷の研究の第一人者です。
     おもしろいですよ。」

    と言われて、この本を買うのは正解だったような気になりました。
    こうしてお店のひとが並べてある本をよく知っているのって、
    なんだかいいなぁ。
    いまどきのファッションに身を包んだお洒落な青年が、
    寺田寅彦の弟子で北海道で雪や氷の研究を進め、
    その一方で絵画や俳句の趣味を持ち、
    エッセイから社会評論までを書いた実験物理学者の本を
    これ、いいよ!と言う。

    対象を丁寧に観察すること
    その結果から目に見えないところで何が起こっているか想像すること、
    その一部始終を正確な文章で表現すること、

    科学と日常は、ちっとも離れていないと、
    科学なんて大の苦手!の学生だった私は、今思うのでした。

    意図せずしてやってくるものに信頼。

    12261
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。