スポンサーサイト

  • --------
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    初体験:あんこ入りお雑煮

  • 2014-01-09
  • 香川県出身の友人がお雑煮を作って来てくれました。

    「実家のお雑煮は白みそでおもちは丸もち。
    お餅の中はあんこです」

    と初めて聞いた時は、後ろにひっくり返るくらいビックリしたものです。
    え、お味噌にあんこのお雑煮???

    白みそのお雑煮は関西では当たり前ですが、
    餡入り丸もちには興味津々。

    今年は彼女の母上がお雑煮セット for Tokyo で、
    ちゃんと地元の野菜とあんこのお餅をおみやげに用意してくださった。

    お母様の味を再現していりこ出汁のおつゆに白みそは、讃岐白みそ。
    赤い京人参と大根を丸く切って入れてあります。
    すべてがまぁるく収まりますように。
    お餅はやわらかく、中からあんこが溶け出してお味噌と絡らまります。

    これは美味しい!
    意外なおいしさです。
    ぺろりとお餅2ついただきました。

    長い日本列島、いろいろなお雑煮があるのですね。


    ozouni
    美味しかったうえに金箔付き!
    スポンサーサイト

    食いしん坊のおすすめ

  • 2013-11-04
  • 連休はのんびりです。
    昨日は免許の書き換えに行ってきました。
    道中、大きな緑溢れる公園や国立天文台などを横目にみて、
    ちょっとした旅気分。

    そして、なんだかフレンチトーストが食べたくなって、
    今日はともだちとカフェに出かけてみました。

    french1

    ふんわりしてまぁおいしいこと。
    美味しいものは全てを帳消しにしてハッピーだけが残ります。

    そういえば、大好物のコーンブレッドはこんな感じ。
    conB
    自分で作ったのではありません。

    このところコーンブレッドに出会えなかったのですが、
    九段下のホテルグランドパレスで遭遇、すぐに買いました。

    このグランドパレス、結構いいですよ〜
    古いホテルだし、今時の新しいスタイリッシュなホテルとは違うのですが、
    ここのお菓子やパンはなかなか美味しくてちゃんと作っています。
    値段もリーズナブル。
    六本木のグランドハイアットあたりでお茶を飲んだりパンを買ったら、
    もうそれはそれはお洒落でセレブ(笑)な気分になるのかもしれませんが、
    多分お値段もセレブ。
    グランドパレスはとても良心的。
    地味だけどクオリティはしっかりしている。
    泊まったことがないけれど、困った時のお菓子とパンはここ、おすすめです。


    秋の風景

  • 2013-09-25
  • 田園調布の器・ギャラリーたち花には、
    山口長男の水彩を展示しています。

    今日は秋らしく、われもこうを生けてみました。
    花器は、陶で街の風景などのオブジェを制作している川崎毅さんのもの。
    川崎さんのオブジェは、質感もかたちもとても洒落ていて、
    古い静かな空気を纏いつつ、どこか現代的。
    カタチは真似できても、こういう印象というのはマネっこはできません。
    川崎さんのオブジェを見ると、リコーダーやチェロの音が聴こえて来るよう。


    waremokou



    さて、連れて行っていただいた神楽坂のランチ。

    menoso1

    海老しんじょう

    menoso2

    正しい和食

    ここは神楽坂の
    め乃惣

    海老しんじょうはサクっとしていて評判通り素晴らしい。
    たまご焼きの甘さはほどよく、白いご飯のかたさは絶妙(これは好みですが)。
    あーおいしかった。
    お店の作りもキリッとしていて気持ち良かった。


    料理はやはり手際よく、丁寧に、隠し味は愛情、と思います。
    …さて、実践できるかしら。

    食欲の秋、そして、芸術の秋、
    つまり「 感受性の秋 」を、たっぷりと味わいましょう!

    見る

  • 2013-04-04
  • 04041

    今朝、ひさしぶりにお弁当を作りました。

    白いご飯をお弁当箱に入れて、まじまじと見たら、

    040442

    白いお米のなんときれいなこと。


    04043

    そして仕事場で朝の珈琲をいれながら、
    ものをよく見るということは発見に満ち満ちていると、
    またまた感じたのでありました。

    LOVE CAFE !

  • 2012-08-02
  • 優雅なワタクシは、毎朝、仕事の前に珈琲をいれます。
    豆をガリガリ挽いて、(豆は深煎りです)
    沸騰してから少し温度が落ち着いたくらいのお湯をチョロリと注ぐ。
    少し待ちます。
    蒸らします。
    慌てない。
    焦らない。

    この時、ポタポタと落ちてくるコーヒーのしずくは
    底に着くと丸い球になって中央から外へ外へとはじけていきます。

    cafe2
    雫が珠になって弾けるの図。(よく見えませんが)

    これがおいしいコーヒーになるか否かの違いになるのです。


    ヒト呼んで、「珈琲の精」

    !(笑)

    おいしくなってね、おいしくなってね、
    とお願いしながら丁寧にお湯を注いでいきますと、
    見事においしい珈琲がはいります。

    cafe1


    コーヒーの精…


    柔道の松本薫選手も「麦茶の妖精」が見えちゃうらしい。
    そこにもいたのか!


    空と雲ばっかりじゃつまらないので、本日はコーヒーのお話でした。


    s03
    とかなんとか言いながら、双子みたいな雲の写真も。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。