FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --------
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ニッポン

  • 2012-07-29
  • 土曜日は朝から晩まで自分投資。
    朝のヨガクラスから、午後は恩師、龍村修先生の「指ヨガ」講習会へ。
    夜は表参道でワークショップに参加。
    アロマテラピーのお勉強もしてきました。

    日本のヨガの第一人者である龍村先生は、
    生活ヨガといって、普通の生活の中でヨガを取り入れ生かせる知恵を
    伝えてくださいます。その中のひとつが指ヨガ。

    私は以前から手をほぐす、というのをよくやっています。
    思えばなぜか20代前半からずっと手に興味がありました。
    手は脳細胞の中で閉める比率がとても大きいのだそうです。

    人間の五感の大元って何だと思いますか?
    私は、一番本能的なのはきっと臭覚だろうと思っていたのですが、
    触覚だそうです。
    例えば、誰かに後ろ向きになってもらって、背中にそっと何本かの指をたてます。
    これ何本?
    と尋ねてみます。
    う〜ん、と考えて答えを言うでしょう。
    当たるかな?
    そして同じ本数の指をその人の手のひらで立ててみます。
    そしてまた、
    これ何本?
    と尋ねてみます。
    すると、おそらく手のひらの感覚で答えた方は当たっているでしょう。

    そんな具合に、手ってとてもたくさんの情報をキャッチできるような器官らしい。


    そして、手のひらにはからだの「反射区」といって、
    体全体と相関関係にあるのです。

    部分即全体。

    だから肩こりがひどい、首が痛い、という時は、
    この手の関連部位からほぐしてあげるとよいそうです。
    要は、脳から「そこ、滞ってるよ!流れて流れて!!」と指令が行くのですね。


    その際に植物から抽出されたエッセンシャルオイルを使う、
    というのは香りと手からの刺激という、2大脳伝達でとっても効果があります。
    既にいろいろな方が、緩和治療の現場、高齢者ホーム、
    妊婦さんや適応障害の方たちへのサポートとしてこの方法を取り入れていらっしゃいます。

    これまで老人健康施設や病院にアート作品をコーディネートして、
    環境空間作りのお手伝いをしてきましたが、
    いつかこのヨガなどの学びをいかせたらいいなといつも思っています。
    到達点は同じです。
    人それぞれにピン!と響く場所が違うから、
    そこへ行くためのいろいろな道を造れたらいいなと思いながらあれこれ模索。

    今朝は朝からオリンピックの男子体操をテレビで見ていました。
    最初はちょっとヒヤヒヤしました。
    演技前に、ふーっと深呼吸する姿に、私も思わず選手の気持ちになっていました。
    しかし状況を立て直してそれぞれが力を発揮していった過程は見事だった。

    個人個人がそれぞれで確立されて在り、同時にそれが全体である姿。
    ニッポンの良さを感じます。

    それにしても美しい筋肉です。
    惚れ惚れ。

    ft1
    スポンサーサイト

    子供のように無邪気で.

  • 2009-12-11
  • 昨日はヨガの日。
    私の木曜日はヨガ先生の一日です。
    このヨガのお蔭で、私はアートの仕事とバランスがうまく取れるようになりました。

    秋から始まった夜のヨガクラスは、
    20代,30代の人たちがお仕事のあとに駆けつけてくれるクラスです。
    いつもレッスンで身体を動かした後の最後10分くらい、
    部屋の電気を暗くして、ただ身体を床に横たえて呼吸をするリラックスタイムにしています。

    昨夜のリラックスタイム。
    私が言葉で誘導しながら、身体のあちこちを徐々に緩めていきます。

    「それでは~、あとはただただ、呼吸をする生きものになっていきましょう」
    (これはわたしの恩師、龍村修先生の言い回し!)

    … … …

    しばらくすると、どこからどもなく、スヤスヤとかわいらしい寝息が聞こえてきました。
    部屋は暗いし、私も目をつむって座っているので、
    耳に意識を集中すると、アチラからコチラから聞こえているような…

    一日中、外でガンバって働いて、
    緊張したり慌てたり笑ったりボンヤリしたりして、やっと自分の時間。
    一日お疲れさまでした。
    そうそう、そうやって自分に戻ってね。
    リラックスしてくれて、私の方が嬉しくなりました。

    私は大学生の時のあだ名が『こども』だったので、
    なんとか『大人』になりたいと、
    社会に出てから『なりたいカッコいい自分像』のつもりで
    とっても突っ張って無理して過ごした時期がありました。
    多かれ少なかれ、若い時はみんな背伸びをしますよね。
    『大人になる』ことは必要です。
    いろいろなことが見えたり、腹に納めたりできるようになるって成長だし、
    少しずつ成熟できたら何より世界がひろがって楽しい。
    でも、子供みたいに無邪気でいることも大切です。

    一日一回、自分の内側に意識を向けてみると、
    そこはそのまんまの自分、
    全部そのままでOKの、とっても安心できる場所だったりします。
    理屈からじゃなくても、身体を通してストンとそんな体験ができるのが
    ヨガの素敵なところです。

    shinjuku

    土曜日

  • 2009-07-11
  • 昨夜、TAKAKO先生の骨盤エクササイズに行ってきました。
    骨盤は幾つかの大きな骨が繋がってできているんですね。
    骨盤周辺をゆるめると背骨もゆるむし、
    身体が正しいポジションに戻ったからか、すっきりしました。
    TAKAKO先生のレッスンは本当に気持ち良くなることができます。
    「さすが~」です。

    昨日気が付いたことは、
    私はいろいろな「力み」があるっていうこと。
    自分ではけっこう緩んでいるつもりだったけど、トンでもなかった。
    いやはや…
    自分の勝手な思い込みをどんどん解き放っていけたら、
    羽が生えて飛んで行っちゃえるかな!

    さて、今日は土曜日です。
    今週は毎日ジャーナル更新してみました!

    ではみなさん、どうぞよい週末をお過ごし下さいね!

    ivy

    人と比べなくていいんです

  • 2009-05-21
  • 今朝はヨガクラス。
    来てくださっている方が、「先週は終わった後、ちょっと腰が痛くなりました。
    ポーズがきれいに出来ている人を見るとついがんばっちゃって…」と照れた様におっしゃる。

    人は自分を他と比べて、もっとあんな風になりたいな、とか、
    もっとがんばらなくちゃ、とか、あーでもない、こーでもない、とつい思ってしまうものです。
    こりゃかなわんと思う素晴らしい相手を見れば、どうせ自分はこうだから…なんて、
    つまらない言い訳をしてしまうことだってあります。

    ヨガの良いところは、人と自分を比べなくて良いところ。
    大きな人は大きいなり、小さな人は小さいなりに、
    その人なりの一番良いところでやればよいのです。
    巧くカッコ良くいきたいけど、
    あれもできなきゃ、これもできなきゃなんて、自分を追い込まないで。
    いいのいいの、自分の今『そのまま』から始めましょう。

    何ごとも慌てず、焦らず、怠けず、楽しんで続けましょうよ。


    lunch
    ふらりとひとりテラスでランチ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。