FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --------
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    遊び心

  • 2015-05-07
  • 05075

    私の大学時代の恩師が、こんな本を出版されました。

    「ピカソの陶芸」 解説・監修 岡村多佳夫 パイ インターナショナル

    ピカソが陶芸を始めたのは60代。
    第二次世界大戦からの解放、パートナーと新しい生命の誕生 …
    歓びに溢れた時代に始められたといいます。


    05074
    牧神の顔


    うん、確かに楽しそうでいきいきとしていますね。


    05071
    ふくろう

    ピカソは少年時代から、ビックリするようなデッサン力でした。
    とても子どもが描いたと思えないような成熟した描写力。
    その巧さ、テクニックからどんどん自由になって、
    あの抽象画の数々が世に生まれ出て行ったのです。
    陶への絵付けは、さぞかし面白かったでしょうね。

    見た通りに描くのではなく、
    思った通りに描いている。


    というピカソのことば。

    子どものようにのびのびと、
    思ったようにドンドン作ったことでしょう。

    この本は、まるで絵本のように写真がいっぱい。
    理解するためではなく、楽しむため、感じるための本のようです。
    なんて可愛らしい本でしょう!
    夜、寝る前にパラパラとめくりながら、思わず微笑んでしまいそうな。

    先生、やるな〜、このセンス。
    岡村先生は、私の在学する大学に講師としていらしていたのですが、
    授業はちっとも聴いていなかった(よくある話!)。

    卒業してから、あるマニアックな映画会の会場で再会したのをきっかけに、
    先生からたくさんのことを教えていただく機会を得ました。
    その先生が東京造形大学を定年退職されて、
    今年中にはご自宅の一部で寺子屋をスタートされるとか!
    寺子屋と言えば、私が番人をしている九段のプロトマニア!!
    先生は神楽坂で!!!

    なんと楽しいことか。
    やっぱり人生は、遊び心。

    遊び心を持てるように、
    何ごとにも一期一会で一所懸命、
    だからこそ、遊び心、と行きたいものです。


    ピカソの陶芸



    スポンサーサイト

    ひかり

  • 2013-08-28
  • 友だちが飛行機から撮ったとても美しい空と雲の写真を送ってくれました。
    なんという色! と感激。
    最近、本屋さんで立ち読みした空と雲の写真集は印刷がいまひとつ、
    と書いたら、画面で見ると画面自体が光っているので紙に印刷したより確かにきれい、
    と返事をくれました。

    朝の散歩で、見慣れた花がすばらしく輝いて特別なものに見えるのも、
    朝の太陽の光線と影のコントラストがよいから。
    光は美の大いなる創造者。

    なるほど女優さんが照明を、明るく明るく、と言うわけです。


    light0827

    キラキラ光る

  • 2013-08-12
  • hr2

    これ、なぁんだ?

    hr3

    こんなに大きいキラキラ光るもの。

    hr1

    ホテルのロビーにある巨大なシャンデリア。
    一機、5000万円なり。2トン。
    とご一緒した eiko さんがホテルマンから聞き出して下さいました。
    そのシャンデリアのお掃除だそうです。
    地震の時は揺れて(こわ〜い)揺れ続けたそうです。
    ガリレオの振り子の原理で3つとも同じように揺れたので、
    ガシャンとぶつかったりはしなかったそうです。
    でも、揺れている間、不気味だっただろうなぁ。

    hr4

    天井からおろされて、キラキラ光るクリスタル部分をこれから磨くんですって。
    一体どのくらい時間がかかるのでしょうね。

    キラキラ光るものはみんな大好き。


    ももせさん

  • 2013-07-16
  • 連休最後の日の午後は、百瀬さんと打ち合わせ。
    百瀬さんと私の自宅は車で10分くらいなので、
    行き来しやすく何かと便利。

    百瀬さんご夫妻は、このブログでしつこく書いていますが、
    とても素敵な大人の男の子女の子カップルです。
    ご夫婦の歴史なのかなぁ。

    百瀬さんのしごとを一つの形に集大成して残すことが、
    私の目下のミッション。
    そんなこんなの中で、
    美術館への作品収蔵や美術館スペースでの展覧会などへと
    途がのびて行く気配が。

    momo



    百瀬さんが撮る写真は、百瀬さんにしか撮れない瞬間であり、切り取られた光景です。
    百瀬さんの目がカメラのレンズ。
    それでありながら、紙の上に出現したそれには百瀬さんがいません。
    百瀬さんの我はそこにはありません。

    普通にお話したり、一緒にお仕事をしたりしている時に、
    百瀬さんは哲学的だったりしない。
    オジサンダジャレ王だし、酔うとすぐ眠くなっちゃうし、
    いつも軽やかで、まぁいいじゃん、なんて言っています。

    百瀬さんの写真に残っているのは百瀬さんのセンスだけ。
    そこが凄さです。

    来年の春には外苑前のときの忘れもので個展です。
    奥様の鳥取絹子さんがエッセイを連載中。

    写真家 百瀬恒彦 の仕事を多くの方に見ていただけるように、
    じっっくり時間をかけて準備中。

    nana
    百瀬さんと絹子さんを見守る(笑)シェパードのななちゃん。美人!!

    今日の発見

  • 2013-04-12
  • lorie

    玄関の月桂樹に花がついていました。

    なんだかかわいらしいですよね。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。